男性の4人に1人が発症するEDの原因

頭を抱え込む男性

勃起しない・中折れする・勃つが硬さが足りないといった症状は、すべてEDです。
EDは軽度から重度な症状までありますが、どのような原因が起こしているのでしょうか。

EDの原因は大きくわけて3つあります。
【精神的要因】
・仕事や人間関係(恋人を含む)などのストレスで起こるEDを、心因性と呼びます。
性に関するコンプレックスやトラウマから、不安や焦りもEDになる精神的要因になり得ます。
日本ではストレス社会とも呼ばれるほど、精神的負担を感じやすくなっています。
心因性EDは若い男性にもっとも多くみられるため、ストレスを軽減できればEDを改善できるかもしれません。

【生活習慣によるED】
・生活習慣病は( 高血圧・糖尿病など)によるEDは、器質性ED。
心臓や血管といった縦貫器系の組織が乱れると、陰茎に十分な血液が流れにくくなることでEDを発症する恐れも。
また喫煙や過度な飲酒などもEDのリスクを高めますので、注意してください。
食生活や生活リズムを改善することで、EDを予防できます。

【薬剤によるED】15
常用薬の副作用でEDになる場合があります。
薬剤性EDと呼ばれる、降圧剤や抗うつ剤などの使用による勃起しない症状です。
必ずしも起こるわけではありませんが、血管が収縮してしまい陰茎に血が巡らなくなることが原因。
勃起の硬さや何らかの異変を感じたら、すぐに医師と相談してください。

EDは男性の4人1人が発症していると言われています。
「自分は大丈夫」と、EDの初期段階で放っておくのは危険です。
EDが重症化してしまうと、性的興奮・刺激を与えても勃たない可能性があります。
中折れが続くようになったという軽度の症状でも、早めにED治療をしてください。