主な副作用・重篤な副作用について

口を抑える人形

タダシップは、副作用が少ないことで人気のED治療薬です。
ゆっくり効果を発揮するので、症状もゆるやかに現れます。

【よく言われる症状】
・顔のほてり(紅潮)
・頭痛
・胃の消化不良
・鼻づまり
・めまい
軽度な症状が多いため、気にならないという声がほとんどです。
副作用は、効果の発現とともに現れ効果がなくなれば自然と消えていきます。

【重篤な副作用】
・持続勃起(プリアピズム)
・発疹
・顔面浮腫
ごくまれに上記のような過剰症状が報告されています。
必ずしも起こるわけではありませんが、万が一に備えて把握しておきましょう。

タダシップは、現在治療している病気によって服用できない場合があります。
服用してしまうことで副作用を強く感じてしまう危険性があるので、気を付けてください。
タダシップは服用するにあたっての制限が少なく、使いやすいED治療薬です。
安全に使用するために、副作用や服用方法をしっかり知ることが大事。
副作用を強くださないように、以下の項目を守ってください。
(1)自分に適した量を服用する
→タダシップは1日1錠までしか服用できません。
「効かないから」といって追加で1錠飲んでしまうと、副作用を増強させてしまうリスクがあります。
※効果が最長36時間続きますが、24時間経っていれば服用は可能。

(2)お酒の飲み過ぎ
→お酒は、立ちくらみやめまいなどの副作用を発症する恐れがあります。
タダシップはアルコールとの併用は禁止されていませんが、お酒の弱い方は控えてください。
血行促進の作用があるので、お酒の回りを早めて酔いやすくしてしまいます。
どうしてもお酒が飲みたい人は、1杯以下の少量に抑えて飲むようにしましょう。